津島スチールセンター

TSUSHIMA STEEL CENTER TSUSHIMA STEEL CENTER

SINCE 2022

SCROLL

津島スチールセンターが
2022年3月にオープン!

H形鋼専用の一次加工工場として
愛知県津島市に
敷地面積約10,000m²の
「津島スチールセンター」を開設しました。
H形鋼加工専用の施設を設けることで、
よりスピーディに、よりお客様のご要望に
応えられるように、
体制を整えることができました。
今後もさらなる拡充を目指して参りますので
ご期待ください。

津島スチールセンターの特徴

100mの全自動ライン

材料を搬入装置にセットし、ボタンを押すだけでコンベアへの送材、孔あけ、切断、スケーラ、開先まで一括加工。
母材長さ14m、H形鋼ウェブ高さ1000mmまで加工可能。

  • 搬入装置

    12mの材料受台に材料をセット可能。
    トラカートが加工母材を自動でコンベアに送材。
    例:H400x200mmの場合、24本セット可能。

  • ドリルマシン CUD3C1000

    上、左右それぞれ5本のドリルストック可能。
    加工内容に応じてドリルマシンが判断して自動持ち替え。
    またミスト状の切削油で加工する為、母材の汚れを最少化。

  • 印字装置

    製品符号、寸法、サイズ、材質を印字可能。
    製品情報の誤記削減、製品管理の効率化が実現。

  • バンドソー GTAⅡ8010CNC

    45°までの斜め切断に対応。
    リムーバーが端材をスクラップボックスへ自動処理。
    材料サイズに応じて、最速速度に自動調整可能。

  • スケーラ HSWⅣ1050

    砥石にてウェブ、フランジの摩擦接合面の黒皮除去。

  • 開先機 KHW1000

    1ライン上に2つの開先機を設置している為、材料の回転無しに一度で前後の開先の加工が可能。
    改良型スカラップ、ノンスカラップ共に対応可能。

  • 搬出装置

    搬入装置同様材料受台が12mある為、製品を自動でストック可能。

  • ショット加工 HB-700R

    母材長さ14m、形鋼上ウェブ高さ1000mmまで加工可能。

機械・加工可能サイズ一覧
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください