どんなことがあっても、
前を向ける心が大切

Interview先輩社員の声

2005年入社

石田哲也ISHIDA TETSUYA

建材開発第二部

  • 働いている先輩たちの
    人柄で決めた!

    大学時代は専門的なことを学んでいましたが、結局その道はあきらめて営業をやろうと決めました。八木鋼材に出会ったのは就職活動に行き詰りかけていたときです。秋の就活イベントで先輩社員の方に明るく声をかけていただいたことがきっかけ。気になってすぐに訪問し、ここで働きたい!と思いました。
    八木鋼材に就職を決めた理由は、八木鋼材で働いている人に魅力を感じたからに他なりません。社員はみんな明るく楽しそうに仕事をしています。八木鋼材は自社で加工や製造をしていません。会社や工場を結ぶ懸け橋的存在として、ずっと選ばれ続けている理由は【人】に尽きます。働く人に魅力を感じたのは当然だなと、今では思っています。
  • 八木鋼材は人間として
    成長できる場所

    商談・取引を行う相手は経営者、職人さんなど、自分よりも経験値が高く、あらゆる意味で力のある人たちです。感謝や尊敬を持って接しながらも、対等に渡り合うために必死に勉強、知識をつけ、ときにはずうずうしさも必要だと勇気も振り絞ります。
    また、ビジネスマンとしての優秀さよりも、人間性を判断されることが多いです。相手に対し、常に誠実な気持ちを持って接することを心掛けています。この仕事で最も大切なのは信頼関係。毎日それを肝に銘じて仕事にもお客さまにも向き合っています。多くの場面で自分を試されるので自分のいたらなさに落ち込むこともありますが、ビジネスマンとして、人として、成長していることを実感できる瞬間がたくさんあります。
  • 失敗は成長の種!

    3年前に大きな失敗をして、お客さまをはじめ、その仕事に携わる多くの方に迷惑をかけてしまったことがあります。工事請負の仕事は想定できないトラブルが多いです。そのときもトラブルが重なってしまい、結果的に大幅に完成が遅れました。問題だったのは、私の状況判断能力が足りなかったこと。事が大きくなるまですべて自分でなんとかできると思っていました。
    しかし仕事は自分1人でやっているのではありません。大切なのは、お客さまに迷惑をかけないこと、お客さまに喜んでいただくことです。そのために、自分がどう動いたら良いのかをよく考えなくてはいけないと思いました。失敗で学んだことを忘れず、絶対に同じ過ちは繰り返さないぞ!と誓いました。

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

『覚悟と諦めない気持ちを持って』

いかなる仕事であっても自分自身の成長を諦めず、足を止めない人が仕事での喜びをより実感できます。私もまだまだ若輩者ですが、どこまで成長できるかはトラブルや失敗をバネにできるかにかかっていると、日々働きながら感じています。就活生の方、八木鋼材に入社を希望している皆さんには、自分の成長を諦めず壁を乗り越えられる強いメンタルを持ってほしいなと思います。

Special

採用スペシャルコンテンツ

Entry

採用エントリー

募集要項