ホーム>採用情報>先輩紹介 鈴木貴仁

採用情報

人生一度きりだから、営業にチャレンジ

父親が住宅関係の仕事をしていたこともあり、自然にその道へ進みたいと思うようになりました。東京の専門学校で建築を学び、卒業後は現場管理の仕事を計15年ほど経験しました。結婚し、子どもが生まれたことで、仕事と家族との時間の両立を考えるようになり、転職を決意。その中で、八木鋼材と出会いました。これまでの経験も活かしながら、営業という新しい分野にもチャレンジできる。人生一度きりなので、この機会に挑戦してみよう!と考え、入社を決めました。
現在は、営業をはじめ、工程管理をしながら現場管理も行っています。現場完了までスムーズに進むように、多くのお客様とのやりとりを大切にしています。東京支店は、支店長含め、約10名の小さな支店ですが、和気あいあいとした雰囲気のなか、チームワークを発揮しながら仕事にあたっています。

人間関係がスムーズにいけば、仕事もスムーズにいく

もともとものづくりは好きでした。ものづくりの醍醐味は何と言っても「モノ」が出来上がっていく過程を見ること。だんだんと形になっていくのを見ると、仕事をしている実感が湧くし、完成したときの達成感はこの仕事ならでは。最終的には隠れて見えなくなりますが、鋼材は建物を支える最も重要なものです。それに携わっている自負や誇りを感じられることが、仕事のやりがいにつながっています。
私の強みは、仕事の流れや現場で働く職人さんたちの気持ちがわかること。そのため、営業であっても現場の職人さんたちと積極的にコミュニケーションを取ることを大切にしています。工事は多くの人々の力が必要ですし、人間関係がスムーズにいってこそ、いい仕事ができると考えています。

営業面を強化し、自分なりの営業スタイルを確立したい

八木鋼材はおもしろい会社だと思います。本社ではワンフロアで全員が働いているので、情報やコミュニケーションを遮るものは何もありません。社長と直接会話する機会も多数あります。また、社員を大切にしてくれる気持ちが感じられる会社でもありますね。社員に対しての感謝や頑張ったときはしっかりと還元してくれる。社員の士気も高まり、いい循環を生んでいると思います。
今後はこれまでの経験を活かしながら営業面の強化を目標に努力していきたいと思います。自分で考え、仕事を組み立て、成果を残す。そのサイクルを早くつくっていきたい。経験した工事はまだまだ少ないですが、手探りで自分なりの営業スタイルを確立するのが、次なる挑戦です。

先輩からのアドバイス
大切なのは自身が心底納得すること
後悔のない会社選びを!
自分が働きたいと思う企業について、徹底的に調べることが大切。面接はいろいろな疑問・質問を企業にぶつけるチャンスなので、聞きたいことは何でも聞いてほしいと思います。僕が皆さんにアドバイスしたいのは「納得できる就職活動をしてほしい」ということ。自分が心底納得できる会社に就職してほしいですね。だからこそ、徹底的に調べるべきだし、少しでも疑問に思ったら何でも聞くべき。後悔しない会社選びをしてください!
Copyright(C) 八木鋼材 All Rights Reserved.