「人に喜ばれる仕事」をすること
その想いを貫いていきたい

Interview先輩社員の声

2015年入社

長郷裕哉NAGASATO YUYA

東京支店

  • 八木鋼材に運命を感じた

    元銀行員の私が新たな挑戦の場として八木鋼材を選んだのは、社長が元銀行員ということが大きかったです。商社で営業の仕事をしたいと思っていたので、強く惹かれました。八木鋼材は役員との距離も近く、努力もしっかり認めてもらえます。他の方もおっしゃっていると思いますが、とても風通しが良いので働きやすいですね。自分が中途ということもあって、特にその面において仕事のしやすさを感じています。
    他には社内の平均年齢が若く、とても明るい会社だなという印象です。20代がメインボリュームでもしっかり結果を残して、会社はどんどん太く、大きく成長していくのが元銀行員の私から見ても素直にすごいと感じています。
  • お客さまの喜びが自分の仕事の喜び

    本社にいたころ、プロ意識が高く厳しいお客さまから「また一緒に仕事がしたい」と言葉をかけていただいたことがあります。このときの熱さが今の自分の原動力の1つと言っても過言ではありません。
    自分の仕事の喜びは、お客さまの喜びとつながっていると強く感じた出来事でした。元銀行員という前職の経験が生かせる場面もありますが、やはり知識や経験の問題で大変さを感じることもあります。しかし、お客さまに喜んでもらうための努力は苦痛ではありません。今後もお客さまに喜んでいただけるように、ひとつひとつの仕事に全力で取り組んでいきたいと思います。
  • いずれは東京支店を
    引っ張っていける存在へ!

    入社後はしばらく本社で鋼材販売・工事請負の仕事を行い、2017年の冬に東京支店へ異動してからは工事請負業務をメインに仕事をしています。元銀行員として役立てることもたくさんあり、その視線から上司にアドバイスを求められることも多いです。
    しかしまだまだ頼る側。もっとたくさんの場面で頼ってもらえる存在なる!というのが、私の当面の目標です。前職の経験が活かせるところだけではなく、営業や他の面でも、オールマイティーに強くなりたいですね。支店のリーダーとなれる存在へ成長していきたいです。そして東京支店をもっと大きくして、八木鋼材に入社する人が東京支店で働きたい!と思ってもらえるぐらいに存在感のある場所にしていきたいと考えています。

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

『視野を広く持って就職活動をしてほしい』

就職活動は、視野を広く持って行うことも大切です。企業の名前、規模、給与、ステイタス……。希望する企業の条件はいろいろあると思いますが、会社の可能性に注目してみるのも良いかもしれません。自分が可能性を感じるところは、自分の信念や感性に合っている会社とも言えます。気になる会社が見つかったとき、条件や会社の規模を見るのも良いですが、その会社で自分が何をしたいのか、何ができるのかをイメージしてみることもおすすめします。

Special

採用スペシャルコンテンツ

Entry

採用エントリー

募集要項