新たに携わる膜・光膜の分野で、
自分のカラーを出していきたい

Interview先輩社員の声

2016年入社

岡崎政吾OKAZAKI SEIGO

膜・光膜天井工事グループ

  • 誠実に語ってくれた
    先輩の言葉が入社の決め手

    モノを売る面白さ(鋼材販売)とモノを形として残す達成感(工事請負)、両立できることを魅力に感じ、八木鋼材へ入社しました。八木鋼材に出会ったとき、自分のやりたいことが全部できる!と嬉しかったです。決め手は単純です。みなさん言いますが【人】ですね。八木鋼材で働く人はみんな誠実です。
    会社説明会時、社内の雰囲気が非常に明るく、働いている人が楽しそうでした。一番印象深かったのは先輩社員が八木鋼材の楽しいところばかりではなく「自分で考えて、行動できない人は厳しい」と、本音で教えてくれたこと。この人たちと働けたら、自分も成長できるなと思いました。八木鋼材や先輩社員の印象は今も変わりません。多くの方に支えられながら、自分で考え、行動できる人間に成長中です!
  • 自分と携わる人が幸せになる仕事を

    これまでで最も印象に残っているエピソードは、1年目、お客さまに値上げ交渉したときのことです。もちろん値上げはお客さまにとってマイナスなこと。どうしたらご納得いただき、気持ち良くまかせてもらえるかを一生懸命考えました。結果、話し合いを重ねて交渉成立できたのですが、いろいろ学べて良い経験だったなと思います。
    与えられた材料の中で最良の選択をするために相手の立場に立ち、より多くのことを考えることの大切さが身に沁みました。こういった考え方ができるようになったこと自体、自分の成長だなと思います。この出来事をきっかけに意識も変わりましたし、仕事のやりがいや楽しさも実感できました。お客さまも含め、自分と携わる人全員が幸せになる仕事をするのが僕の目標です。
  • 可能性の大きい新事業部へ異動

    入社してからずっと鋼材販売と工事請負の仕事をしていましたが、2017年の春に膜・光膜事業チームに異動しました。膜・光膜は耐震性とデザイン性の両立ができる素材として近年注目を浴びていますが、未知数の部分も多いです。つまり、まだまだ可能性が期待できるということですよね。
    今後、需要も伸びて、もっと大きな事業になるかもしれない。新しいフィールドで、可能性の大きい事業に携われると毎日ワクワクしていますし、会社がくれた大きなチャンスだなとも感じています。鋼材販売と工場請負の仕事で培った経験とノウハウを生かしながら、自分なりのやり方で、色々なことを実践・挑戦したいですね。膜・光膜の新しいニーズも見つけたいです!

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

『ネットの情報だけでは見えないものもある!』

少しでも気になる会社があれば、ネットの情報だけで判断せず、企業や担当者に会える場所へ足を運んで欲しいです。僕は会社説明会のとき会社の雰囲気が明るく、社員がイキイキしていたことが印象的で、八木鋼材への入社を決めました。就職活動の時は色々と理想や条件があると思いますが、会社の雰囲気やそこで働いている人が自分の感性に近いかどうかも重要です。ネットの情報だけでは測れないものがたくさんあり、発見もありますよ。

Special

採用スペシャルコンテンツ

Entry

採用エントリー

募集要項