「河地啓佑」という"色"を見つけ、
それを強みにしていきたい

Interview先輩社員の声

2014年入社

河地啓佑KAWACHI KEISUKE

建材開発第二部

  • 八木鋼材は自主性を
    伸ばしてくれる会社

    八木鋼材は自主性を伸ばしてくれる会社です。自由に仕事ができる環境とも言えます。自分で考え、計画して、判断して、実行する。すべてやり遂げたときの達成感は他では味わえません。この仕事をしていて良かったなあと思える瞬間です。もちろん、それが時に厳しいと感じることもありますが、先輩たちは愛情深く見守ってくれていますし、いざと言うときは助けてくれます。不安はありますが、仕事をしていて怖いと思うことはありません。
    ひとつひとつ達成していく度、自分のキャパや視野が広がっていくのを感じますね。最近は採用にも関わっています。八木鋼材の代表として企業展や自社説明会で前に立つこともありますので、もっと魅力的なビジネスマンになるために頑張ろう!と良いモチベーションにもつながります。
  • 判断力・対応力が
    どんどん磨かれていく!

    鋼材販売をメインに工事請負の仕事も少しずつ担当しています。鋼材手配の仕事は多岐に渡り、効率的かつスピードも重視した対応と判断を求められることも多いです。最初は焦りましたし、今でもむずかしいと感じる場面はありますが、判断力、対応力は確実に磨かれています。
    現在は後輩も増えて、求められることが大きくなってきました。具体的には目標金額や担当するお客さまの数字でしょうか。プレッシャーも感じますが、やりがいはそれ以上にあります。高いモチベーションで挑戦し続け、同期の中でトップの成績を上げることが現在の目標です。自分がその目標を達成できたとき、どれだけ成長しているのか、それがすごく楽しみです。
  • 失敗と猛省が成長のヒント

    まだまだ未熟のため、多くの失敗もしています。一番悔しかったのはコミュニケーション不足で、お客さまからの信頼を得られなかったこと。営業なので当然コミュニケーションが大事なことはわかっていましたが、まだまだ足りない部分がたくさんあると痛感しました。落ち込みましたが、これが成長のヒントに。
    コミュニケーションを重ねることで、信頼関係の構築はもちろん、お客さまの隠れたニーズや解決策、提案のヒントもあります。八木鋼材は人との関わり、繋がりで仕事をする会社。それを肝に銘じ、現在ではお客さまだけではなく取引先とも積極的にコミュニケーションをとるようにしています。

先輩社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージ

『八木鋼材は厳しくて、愛情深い場所です』

上司や先輩たちは経験豊富で頼りになる存在でもありますが、頼りっぱなしだと「自分で考えて」と突き放されます。言われた通りの仕事をするだけでは、いずれ付いていけなくなるからです。愛情なのですが、厳しい環境とも言えますよね。でも、その代わりに自由度の高い仕事ができます。自分で考え、やり遂げたときの喜びは言葉では言い尽くせません。自主性や積極性を磨いていきたいという人はこの仕事を通して成長できると思います。

Special

採用スペシャルコンテンツ

Entry

採用エントリー

募集要項